ルール

プレイヤー

各々11人からなる2チームが、攻撃側と守備側に分かれて戦い最終的な得点が高いチームが勝利となります。

<攻撃側>
①バッツマン(ストライカー)  ≒バッター
②バッツマン(ノンストライカー)ネクストバッター

<守備側>
③ボウラー      ≒ピッチャー
④ウィケットキーパー ≒キャッチャー
⑤フィールダー    ≒野手

[イメージ]

④ウィケットキーパー

①バッツマン(ストライカー)
②バッツマン(ノンストライカー)

③ボウラー
⑤フィールダー

ゲーム

両チーム攻撃と守備1回(あるいは2回)ずつ行ないます。
原則10アウトで攻守交代となります。

ボウラーが前方に立つウィケット目がけてボールを投げ、バッツマン(ストライカー)はそのウィケットの前に立ち、ボールで倒されてしまわないようバットで打ち返します。

ウィケットキーパーは投げられたボールをグローブでキャッチします。フィールダーは打たれたボールを捕球します(グローブは付けずに素手で)。

バッツマン(ノンストライカー)はボウラー側のウィケットの横に立ちますが、ボールを打ちません。

バッツマン(ストライカー)はアウトになるまで打ち続けることができます。

ボウラーは6球(1オーバー)ごとに交代します。

 赤色 ⇒攻撃側青色⇒守備側

得点の取り方

投げられたボールをバッツマン(ストライカー)が打つ、あるいはウィケットキーパーがキャッチできず後逸

バッツマン(ストライカー)バッツマン(ノンストライカー)はバットを持ったままピッチの反対側へ向かって走り、2人とも、体の一部orバットがクリース(横のライン)を越えたら「1点」(2人とも往復できれば「2点」)

投げられたボールをバッツマン(ストライカー)が打つ

・ボールがノーバウンドでバウンダリー(外枠)越え 「6点」

・ボールがワンバウンドでバウンダリー(外枠)越え 「4点」

 ※赤色 ⇒攻撃側青色⇒守備側

アウトになるのは

  • バッツマン(ストライカー)が打ったボールをフィールダーがノーバウンドでキャッチ
  • ボウラーがウィケットをボールで倒す
  • バッツマン(ストライカー)がウィケットを倒してしまう
  • バッツマン(ストライカー)バッツマン(ノンストライカー)がクリースに達する前に、守備側がウィケットを倒す

    など

  赤色 ⇒攻撃側青色⇒守備側

野球との目立った相違点

【ボウラー(野球でいうところのピッチャー)】

・助走をつけて投げてもよい
・投げるときに肘を曲げてはいけない
・ノーバウンドで投げなくてもよい
・6球(=1オーバー)という球数制限あり

 
【バッツマン(野球でいうところのバッター)】

・どの方向に打ってもよい
 (真横でも、真後ろでも360度OK)
・空振りし続けたとしても、
 ボールでウィケットが倒されない限りアウトにはならない
・ボールを打ったらバットを持ったまま走る
・アウトになりそうなら走らなくてもよい

 

 

【フィールダー(野球でいうところの野手)】

・バウンダリー内のどこを守ってもよい
・素手でボールを捕る

スポンサーリンク

フォローする